The IB Primary Years Programme

プライマリー・イヤーズ・プログラム

幼稚部プログラム(PYP)は、世界的で安定した教育のためのカリキュラムの骨組みです。プログラムは、子どもの全体的な発達に目を向けています。各生徒の身体的、社会的、感情的、文化的、学問的な幸福のために取り組み、教育は子供の全体的な発育に必要で あるという強い信念を反映しています。

UNICOSMOSでは、教室内外で質問のできる子供全体の成長に焦点を当てて、ネイティブの伝統に根ざしながらも論理的思考スキルを構築することにより、卓越したレベルに到達できます。UNICOSMOSの生徒はさまざまな国や文化から来ています。UNICOSMOSのカリキュラムは、知的に挑戦し、創造的で活気があり、多様な学習者のコミュニティを称賛しています。

人生の基盤を築きながら、文化や信念の多様性に対して敬う心を持ち、周囲の環境に貢献する能力を持つ積極的で思いやりのある生涯学習者になることを保証します。

これらの要素は、6つの分野のテーマに共に従うよう計画された研究単位によって満たされます。 テーマは、「従来の」主題を相互に関連させた個人的、地域的、そしてグローバルな視点から探求することを可能にしています。

主な分野には、言語、数学、科学、社会学、芸術、PSPE(個人、社会、体育)が含まれ、これらのテーマを統合することで、研究のプログラムは学際的で、さまざまな主題にわたって異なる概念を探求できます。 教育的アプローチは研究の原則に焦点を当てているため、生徒は自分としての意味を構築し、学習プロセスの責任を持つようになります。

基本原則

質問
PYPカリキュラムの主要な教育的アプローチは、意図的で構造化された研究です。 この生徒中心の学習アプローチは、重要なアイデアを探究することを必要とします。次のような積極的な生徒達によって見受けられます。

  • 探検、好奇心、質問
  • 以前の学習を土台に構築し、過去の認識を新しい学習と繋げる。
  • 関連する情報源を参照、分析、使用して、事前の認識を広げる。
  • 答えをサポートするために一箇所だけでなく、複数の情報を収集する。
  • 既にあるアイデアを明確にし、理解を深める。
  • さまざまな方法で問題を解決する。

PYPの骨組み
生徒は毎年次の6つのテーマを元に世界的に重要な問題に 関することを研究し、学びます。

私たちは誰なのか
真の自己への探求。 信念と価値観; 個人的、身体的、精神的、社会的、精神的な健康; 家族、友人、コミュニティ、文化を含む人間関係; 権利と責任、 人間として生を成した意味。

私たちはどのような時代と場所にいるのか
場所と時間の方向付けを探求。 個人の歴史; 家と旅; 人類の発見、探査、移住。 地元的な目と世界的視点から見た個人と文明の相互関係。

私たちはどのように自分を表現するか
アイデア、感情、自然、文化、信念、価値観を発見し、表現する方法についての探求。 創造性を振り返り、拡張し、楽しむ方法。 美に対する認識。

世界はどのような仕組みになっているのか
自然界と自然界の掟の探求。 自然界(物理的、生物学的)と人間社会間の相互作用、人間が科学的原理の理解をどのように使用するか、社会と環境に対する科学技術的進歩の影響。

私たちは自分たちをどう組織しているのか
人間が作ったシステムとコミュニティの相互関係の探求。 組織構造と機能; 社会的意思決定; 経済活動と人類と環境への影響。

この地球を共有するということ
限度ある資源を多くの人々や他の生物と共有するための権利と責任の探求。 コミュニティ、コミュニティ内、コミュニティ間の関係性。平等、平和と問題解決。

error: Content is protected !!