The IB Middle Years Programme

中等部プログラム

生徒が学校で成功するための準備と、積極的に一生学習者になるために

国際バカロレア(IB)教育とは?

3歳から19歳までの生徒を対象としたIBの国際教育は、独特な教育課程です。学問的、個人的に学生が研究と個人の成長で秀でるように厳密に構成されています。 IB課程は、熱意と共感を育み、一生を通して学ぶための探求心を刺激することを目的としています。

IB課程は、楽観的、オープンマインドで課題に向かい、自分自身のアイデンティティに自信を持ち、倫理的な決定を下し、他の人と協力しながら共通の人間性を喜び合い、学んだことを適用する準備ができる人を育てます。そして、現実の予測不可能な状況の中でもバランスの取れた生徒の育成を支援することを目指しています。

IBは強力なビジョンを共有する高品質の国際教育プログラムを提供しています。 IB教育:

  • 学習者に焦点を当てる – IBの生徒中心のプログラムは、健全な関係、倫理的責任、個人的な課題を促進します。
  • 教育と学習への効果的なアプローチを開発– IBプログラムは、生徒が学業と個人の両方の成功に必要な態度とスキルを開発するのに役立ちます。
  • グローバルな状況内で機能する– IBプログラムは言語と文化の理解を深め、グローバルに重要なアイデアと問題を探求します。
  • 重要なコンテンツの探求– IBプログラムは、幅広くバランスの取れた、概念的で関連性のあるカリキュラムです。

生徒の記録に基づいて、IBの生徒は、探究者、知識豊富、思想家、コミュニケーター、原理的、オープンマインド、思いやり、リスクを恐れず、バランスのとれた、反射的な存在になるよう努めます。 これらの属性は、知的発達や学業の成功を超えた幅広い能力や人格を表しています。

IB中等部プログラム(MYP)とは

MYPは、11歳から16歳の生徒向けに構成されています。生徒が創造的、論理的、熟考的な思想家になるための学習の骨組みです。 MYPは知的課題を強調し、普通科目を通して学習と現実の世界を結びつけることを奨励しています。 コミュニケーション、異文化理解、グローバルエンゲージメントのスキルなど、つまりグローバルリーダーになりつつある若者に不可欠な資質を育成します。

MYPはほとんどの国、または州などのカリキュラム要件に対応する十分な柔軟性があります。 これは、IBプログラム(PYP)で開発された知識、スキル、態度に基づいて構築され、成長に合わせてIBディプロマプログラム(DP)およびIBキャリア関連証明書(IBCC)の学問的な課題に対応できるように準備されています。

IB中等部プログラム:

  • 生徒の知的、社会的、感情的、身体的幸福に対して 全面的に取り組んでいきます。
  • 複雑さを管理し、将来に対して責任ある行動を取るために必要な知識、態度、スキルを開発する機会を学生に提供します。
  • 自分の文化や他の文化を理解するのを支援するために、少なくとも2つの言語(指導言語と追加の選択言語)の学習が必須になっています。
  • 生徒は地元での奉仕活動に参加します。
  • さらなる教育、仕事、および生涯の学習に備えるのに役立ちます。

カリキュラム

MYPは、言語習得、言語と文学、個人と社会、科学、数学、芸術、身体と健康の教育、デザインの8つの主な分野で構成されています。 生徒の学習は、各学年の主題グループごと、最低50時間の指導によってサポートされます。 4年生と5年生は、8つの科目分野のうち6つからクラスを受講するオプションがあり、柔軟性に満ちています。

MYP:グローバルな社会に対応できるユニークなアプローチ

MYPの目的は、生徒が個人的な理解、コミュニティにおける新たな自己意識と責任感を養うことです。 MYPの先生方は、次のような適切な注意を払ってカリキュラムを編成しています。

  • 状況に応じた教育と学習。学習経験には前後関係があり、自分たちの生活や経験した世界とつながっている場合に最もよく学ぶ事ができます。 MYPの生徒は、大きな関係性を用いて、人間としてのアイデンティティ、グローバルな課題などを国際的感覚で考えられるようになります。
  • 概念的な理解。 概念とは、特定の分野や領域全体に関連する大きなアイデアです。 MYPの生徒は概念を手段として用いて、個人、地域、世界の重要な問題などを調べ、幅広い視野のある知識を得ます。
  • 学習へのアプローチ(ATL)。 すべてのMYP科目部門は全体を糸で結ぶように統一された学習へのアプローチとなっています。独立した学習の土台を築き、不慣れで未知の状況でも知識とスキルの適用ができるようになります。 これらのスキルを積み重ね、適用することで、生徒は学習方法を学ぶことができます。
  • 奉仕活動(コミュニティサービス)。 活動(実行して体験することによって起こる学習)と奉仕は、常にIBコミュニティの重要な価値です。 生徒は、教室で学習したことを応用しながら行動します。 IBの生徒は、奉仕への取り組みを示すコミュニティへの思いやりのあるメンバーになるよう努め、他の人々の生活や環境にポジティブな影響をもたらします。 活動としての奉仕は、特にMYPコミュニティプロジェクトにおいて、プログラムの不可欠な一部です。
  • 言語とアイデンティティ– MYPの生徒は少なくとも2つの言語を学ぶ事が必須です。 さまざまな方法でコミュニケーションする方法を学ぶことは、異文化理解発展のための基本であり、自己アイデンティティ確立のために不可欠な要素です。

MYPプロジェクト

MYPプロジェクトは、生徒がMYPで学んだことを示す機会を与えます。 MYP5年生では、すべての生徒が個人のプロジェクトを完成させる必要があります。 MYP4年目または5年目を含むプログラムでは、学校が生徒にコミュニティプロジェクトと個人プロジェクトの両方を行う機会を提供する場合があります。 MYP3年生または4年生では、生徒はコミュニティプロジェクトを完成させなければなりません。

  • コミュニティプロジェクトでは、コミュニティでの行動として奉仕する権利と責任を見つけるよう生徒に教えています。 生徒は、コミュニティプロジェクトを個別または小グループで完成させることができます。
  • 各生徒は個人プロジェクトを独自に開発し、自身の考えにより進行させ、真にオリジナルで創造的な作品を生み出せる能力が身につきます。
error: Content is protected !!