行為主体

行為主体性

「行為主体性とは、個々の権利や責任、発言や選択、当事者意識を支持し、意味のある意図的な行動を取る能力である…」

1

UNICOSMOS のカリキュラムは行為主体性という考えに基づいています。行為主体性とは自分で何かを行うことのできる能力です。創造、選択をし、責任を持ち、自分の知識、学習、能力の実権を握る機会を活かすということです。 行為主体のアイデアは、自己効力感、成功するための自分の能力に関する信念と密接に繋がっています。

行為主体は、開発または測定する必要のあるスキルではありません。 それは私たち全員がすでに持っているものです。 違う点は、他人のサポートをするか否かにあります。

行為主体性は、開発または測定する必要のあるスキルではありません。 それは私たち全員がすでに持っているものです。 違う点は、他人のサポートをするか否かにあります。

 

行為主体性のメリット

  • 生徒と教師は共同で学習の取り組みと評価をします。
  • 生徒は学習目標を設定し、その進捗状況を監視します。
  • 生徒は自分自身に対する信念と成功するための能力を育成します。
  • 生徒は、思考と学習に積極的に参加しています。

生徒が行為主体性を持つと、次のようになります。

  • 独創力、責任、所有権をとります。
  • 関心を見せます。
  • 選択します。
  • 自分のゴールが掴めます。
  • 自己学習を振り返り、改善します。
  • 考えを表現します。
  • 自己の学習を方向付けます。
  • 学習と気質へのアプローチを開発します。

また、先生方と協力して次のことを行います。

  • 共に決定を下します。
  • 皆の合意を元にします。
  • 日々のスケジュールを共有します。
  • 学習スペースを設定します。
  • 共に考えます。

先生は生徒に責任を与えることはできませんが、
生徒が責任を持つことを体験できる機会を創り出すことが重要です。
それは次のような機会です。
同級生と共に活動し、
関係を築きます。

  • 良い聞き手になります。
  • 生徒のアイデアを尊重し、それに対応します。
  • 生徒の能力、ニーズ、興味に気づきます。
  • 生徒がいつ助けを必要とするかを考え、介入し、フィードバックを与えます。
  • 同級生と共に活動し、関係を築きます。
  • 安心できる環境を確立する
  • 望ましい行動と言語のモデリング
 

 

行為主体性には主に3つの要素があります。

発言、選択、当事者意識。

これらの要素をするには?

表現-

  • 生徒の質問、誘導、直接学習
  • 生徒は行動を提案してから取りかかります。
  • 生徒には決定権があります 。

選択-

  • 生徒が学習目標を共同に構築します。
  • 生徒は多くの視点から見て取り組みます。

所有-

  • 生徒は自分の学習目標を決めます。
  • 生徒は自分の学習目標を振り返ります。
  • 生徒のアイデアは、
    計画から行動までサポートされます。
4

生徒の行為主体性は学びに対する当事者意識を高めます。

  • 自主規制:生徒は自らの主導で前進し続け、自ら行動します。 問題を理解し、解決策を作り、計画を修正し、結果を反映することができるので、問題解決スキルを 見出せます。
  • 自己認識:敬意を持ちながら、成功するために必要なことを言葉を使って表現します。 達成可能な目標を設定し、進捗状況を振り返ります。
  • チームワークと信頼:新しい情報と状況に基づいて、やり方を変更します。 他の考えや感情を聞いたり理解したりしながら、考えや感情を適切に共有します。
  • 管理:課題を計画し、優先順位を付けて、予定どおりに作業をやり遂げます。障害や挫折があっても、克服しながら目標を達成します。
  • UNICOSMOSカリキュラムは21世紀の子供達のニーズに合わせて設計されているため、カリキュラムは学問に焦点を当てているだけでなく、困難な世の中で生きて行くために必要な幅広いライフスキルを発達させるのにも役立ちます。 UNICOSMOSのカリキュラムは、国際志向の基盤を築く生徒のさまざまな個性を開発し、実証します。
error: Content is protected !!